SUG house/ 検査後のお引渡し

5月に依頼を受けて、設計・工事合わせて約半年を経てお引き渡しとなりました。かなり密にお打合せを重ね、最後にはお施主様から、「もう決めるものが無くなり少し寂しいです。」と嬉しいお言葉を頂きました。設計からお引き渡しまでとてもタイトな工程でしたが、濃密な時間であったと思います。

エントランスホールから廊下。

エントランスホール脇のベンチ。マンションの場合、エントランスが暗くなりがちなところ、クロークとの間にフロストガラスを入れて、光を取り込んでいます。

アイキャッチにアクセントウォールを配色することで、より奥行きを感じられる空間になります。

リビング-寝室間のガラス間仕切り戸。

宙に浮いた鴨居がとてもシャープな印象です。

寝室のヘッドボード。銀箔和紙壁紙とレザーシート貼りの構成。壁に奥行きを付け間接照明を仕込むことで、立体的な壁面になりました。

洗面室はどこからでもアクセスできるようガラス戸で仕切ることで、回遊性のある空間を作り出しています。

ここは「室」ではなく、どの空間にも属する言わばターミナル的な場所です。廊下の延長、寝室の延長、クロークの延長… 

好きなもので溢れる幸せな生活を願っております。家具などが入り少し落ち着いたら、改めて竣工写真を撮影させていただこうと思います。