RIFF house/配筋検査-1

基礎配筋検査前の床下断熱材の確認です。

床付けが終わり、基礎スラブ下の断熱材が敷かれています。途中の写真がありませんが、正確には床付け確認の後、砕石を60mm転圧し、防湿シート(ポリエチレンシート)を敷き込み、そのうえでポリスチレンフォーム断熱材を敷き込みます。断熱性能の高い3種bDを採用。厚みは40mmです。

いよいよ基礎の配筋検査です。意匠設計・構造設計・施工会社・鉄筋屋さんの4社で目視確認していきます。検査項目としましては、鉄筋の配置(ピッチ)、継ぎ手の長さ、定着の長さ、かぶり厚さ(鉄筋からコンクリートまでの距離がスペーサーなどで確保されているかどうか)また、開口部の補強筋の配置等の確認です。

基礎梁のピッチを確認しています。密に配筋されていますね。一般的に基礎のスラブは200mmピッチ程度ですが、梁や柱の場合は100mmピッチとより密に配筋されています。

上記の写真はコンクリート躯体と一体化したダイニングテーブルです。手に持っているスケールの白い部分が跳出しの寸法で約1.8mです。もともとオーダーキッチンで製作する予定でしたが、構造家の自邸ということもありベンチやデスクなどすべてコンクリートで設計しています。仕上などの要素を極限まで少なくして無垢な建築を目指しました。

コンクリートでテーブルなどを作る場合、特に跳出しの場合はそれなりの厚みが必要となります。片持ちのなので鉄筋も十分に入れなくてはなりません。必要な厚みでそのまま作るのも良いと思いますが、座った時に膝に干渉しないように、テーブル下部を船底形状として見付面をギリギリまで薄くしました。75mmととても薄いので軽やか印象になるかと思います。

給水・排水のスリーブもこのタイミングで設置します。

柱の配筋の様子。写真でもわかるようにとても扁平した柱ですね。この建物はラーメン構造なのですが空間内に柱や梁が極力出てこないように、壁の中に柱・梁を納めた薄肉ラーメン構造としています。一部梁型が空間内に出てくる箇所もありますが、他の仕上げとうまく組み合わせたディテールをデザインしています。

この模型写真を見てもらうと写真の中心に縦に伸びる壁があるのがわかりますが、この壁の中には2本の柱が入っています。柱を柱として見せるデザインもありますが、今回は建物の間口が4.5mと狭い為、躯体をできるだけ面としとた空間構成としています。スキップフロアの空間なので要素が多いと煩雑な印象になります。極力要素を削ぎ落した設計を心掛けました。