RIFF house/コンクリート埋込照明器具モックアップ_5mmの世界

今回は照明のお話しです。コンクリート造、鉄骨造、木造でも同じことが言えますが、器具自体のデザインがいくら良くても仕上げ部分と器具が取付く部分のディテールが悪くては空間全体が台無しになります。プランニングや断面計画と同様に、空間デザインにおいて照明計画や設備計画は非常に大切なエレメントです。

RIFF Houseは内部空間の仕上げはコンクリート打放し仕上げになります。照明器具を壁面に設置するブラケットライトの場合、既製品の照明では器具自体が露出してしまう納まりになります。せっかくの打放し仕上げなのに照明器具に目がいってしまいますよね。シャンデリアのようなペンダント照明はそれ自体が空間デザインの一部なので良いのですが、ダウンライトやブラケットライトのようなベース照明はできるだけ存在感を消すようなデザインをしています。照明がついていない時にこそ存在感が消えるように。。星のような等間隔配置のダウンライトはNGです。

上記のスケッチはコンクリートを箱抜き(コンクリート打設時に埋込処理すること)にして、器具自体を埋込むディテールを検討しました。壁から電球のみが生えているようなデザインです。機械部分をプレートやカバーで隠すのではなく機械部分を半埋込して照明器具の存在感を消すようなディテールです。使用する電球はクリアのボール球なので点灯していない時はガラス玉が壁に張り付いているような、ある意味アートな印象です。

色々と設計者同士で検討している中、お施主様である設備家の奥様が、なんと!!原寸大の模型を製作してくださいました!スケッチで描いた寸法通りに木材を加工してどのようにランプが見えるか、機械部分の器具がどのように見えるかなど、とても分かりやすいですね。

こちらは横から見た照明器具の断面写真です。ランプが取付く機械部分は陶器製の器具を採用しています。レセップと言います。写真をみるとレセップの横から配線が出ているのがわかりますが、コンクリートの箱抜き寸法をかなり大きくしないと、器具を設置する際に結線処理が難しいことがわかりました。このように原寸大の模型で確認すると物理的に施工可能かと、美しい照明器具になるかが本当にわかります。

場所を変えて栄港建設さんにて点灯実験です。ここで照明の高さも確認していきます。床から約2mくらいに設置します。ブラケットライトは階段や吹抜け部分にも設置するので、目線を避けかつメンテナンスがしやすい高さに設置します。

事前に電気・機械設備会社のミドリ電工さんに埋込照明のスケッチをお送りしていました。そこで提案して頂いた器具が上記の写真です。黒いボックスは一般的にスイッチやコンセントなどをコンクリートに埋込む為のボックスですが、それを応用して照明用のボックスを開発されたようです。この辺りは著作権がありますので説明は割愛します。

皆さんが覗き込んでいるのは横から見た時にランプがどう見えるかを確認しています。コンクリートの埋込寸法の確認です、ここでも紙を用いて原寸で確認します。埋込寸法は35mmか40mmです。mm単位で調整し一番ランプが美しく見えるように検討しました。

上記の写真は40mm埋込の場合。悪くないですね。ガラス玉が壁に浮いているような印象です。

こちらは35mm埋込バージョン。ランプのくびれが少し見えた方が美しく、より浮遊感が出ていますね。これが5mmの世界です。1時間程議論を重ね満場一致で35mmで確定しました。

リビングに設置するペンダント照明の設置位置検討。断面模型で照明器具をコラージュしてみました。照明はジャスパーモリソンデザインのフロスのグローボールです。ベストセラーですね。上記写真はコンクリート天井の中心に設置したコラージュ写真。図面だけを見ているとコンクリート天井の中心に設置しようと考えておりましたが、こうして模型を見ると空間に対して右側に少し詰まった感がありますね。

こちらは空間の中心に設置した場合。こちらの方がゆったりとしている印象です。ほんの30cm程度の差なのですが劇的に変わりますね。設計中はどうしても面の中心で配置しがちですが、少しずらすことでヒエラルキー(境界)が曖昧になります。RIFF Houseの空間構成は、個室ではなく空間全体が繋がるので、あえて【ずらす】デザインは効果的です。

RIFF house/コンクリート打設-1_1階床

本日は、1階基礎・耐圧版(床スラブ)のコンクリートの打設です。

生コンクリートは製造時に品質検査を行い合格したものが生コン車によって現場に運ばれます。到着するとまず最初に受入検査を行います。受入納品書と発注時に指定した配合計画書と整合が取れているかを確認します。主な検査はスランプ(柔らかさ)の確認、空気量の確認、塩化物量の確認、圧縮強度試験用のサンプル(供試体)を採取し硬化後に破壊検査を行います。7日程で速報が出ます。施主である構造設計者の立会いのもと受入検査を実施しました。Tちゃんも防災頭巾を被っての検査立会いです。

圧縮強度以外の各項目が合格であったので、検査数値の記録を撮影しいよいよコンクリートの打設となります。

打設の様子。建物の奥からコンクリートを流し込んでいきます。練られた直後のコンクリートは大きさの異なる骨材や、セメント水、気泡などの異質なものの混合物であり、そのまま打ち込むと密度の無い強度不足のコンクリートになってしまいます。コンクリートの打込み時にバイブレーター(振動棒)で振動を与えることで密度を高め骨材が均等に分布した強度のあるコンクリートとなります。

コンクリートの流し込みが完了したら、表面を平滑に仕上げて打設の完了となります。こうして基礎、耐圧版(床スラブ)打設に始まり、1,2階壁・床、3階壁・床・屋根と合計3回にわたりコンクリートの打設を行います。

型枠のモックアップ(実物大の模型)を作成してもらいました。コンクリートの型枠は様々な型枠が使用されます。一般的な打放し仕上げの型枠はコンパネと言われるもので、合板の表面を塗装でコーティングしたものが使用されます。打設後の表面はツルっとした綺麗な仕上がりになりますが、今回のRIFF Houseではコンクリートの物質感や力強さ、またラフさを表現したいのでラワン耐水合板を型枠として採用しています。ラワン合板をそのまま使用すると型枠を脱型する際に木の繊維がコンクリートに張り付いてしまうので、合板表面に撥水材を塗布したものを採用します。撥水材は水性と油性の2種類を製作してもらいました。

上記が脱型したコンクリートのモックアップです。左側が水性で右側が油性のものです。あまり違いが判りませんね。。若干ですが左側の水性の方がムラが程よくあり、ラワン合板の木目が薄っすら転写されています。本番の打設後に大きな面で見ると迫力があるかも知れません。ということで水性撥水材の採用となりました。

RIFF house/配筋検査-1_1階床

基礎配筋検査前の床下断熱材の確認です。

床付けが終わり、基礎スラブ下の断熱材が敷かれています。途中の写真がありませんが、正確には床付け確認の後、砕石を60mm転圧し、防湿シート(ポリエチレンシート)を敷き込み、そのうえでポリスチレンフォーム断熱材を敷き込みます。断熱性能の高い3種bDを採用。厚みは40mmです。

いよいよ基礎の配筋検査です。意匠設計・構造設計・施工会社・鉄筋屋さんの4社で目視確認していきます。検査項目としましては、鉄筋の配置(ピッチ)、継ぎ手の長さ、定着の長さ、かぶり厚さ(鉄筋からコンクリートまでの距離がスペーサーなどで確保されているかどうか)また、開口部の補強筋の配置等の確認です。

基礎梁のピッチを確認しています。密に配筋されていますね。一般的に基礎のスラブは200mmピッチ程度ですが、梁や柱の場合は100mmピッチとより密に配筋されています。

上記の写真はコンクリート躯体と一体化したダイニングテーブルです。手に持っているスケールの白い部分が跳出しの寸法で約1.8mです。もともとオーダーキッチンで製作する予定でしたが、構造家の自邸ということもありベンチやデスクなどすべてコンクリートで設計しています。仕上などの要素を極限まで少なくして無垢な建築を目指しました。

コンクリートでテーブルなどを作る場合、特に跳出しの場合はそれなりの厚みが必要となります。片持ちのなので鉄筋も十分に入れなくてはなりません。必要な厚みでそのまま作るのも良いと思いますが、座った時に膝に干渉しないように、テーブル下部を船底形状として見付面をギリギリまで薄くしました。75mmととても薄いので軽やか印象になるかと思います。

給水・排水のスリーブもこのタイミングで設置します。

柱の配筋の様子。写真でもわかるようにとても扁平した柱ですね。この建物はラーメン構造なのですが空間内に柱や梁が極力出てこないように、壁の中に柱・梁を納めた薄肉ラーメン構造としています。一部梁型が空間内に出てくる箇所もありますが、他の仕上げとうまく組み合わせたディテールをデザインしています。

この模型写真を見てもらうと写真の中心に縦に伸びる壁があるのがわかりますが、この壁の中には2本の柱が入っています。柱を柱として見せるデザインもありますが、今回は建物の間口が4.5mと狭い為、躯体をできるだけ面としとた空間構成としています。スキップフロアの空間なので要素が多いと煩雑な印象になります。極力要素を削ぎ落した設計を心掛けました。

POPO house/現地調査からスタート

新しくマンションリノベーションのプロジェクトがスタートしました。
新築当時からお住いの築15年のマンションを、お子さんが独立されたタイミングでご夫婦とワンちゃんが一緒に住みやすい空間へ変更したいと考えるようになったとのことでご依頼をいただき、まずは現地調査に伺ってきました。

扇型が特徴の住戸で、リビングは角度がついた五角形の間取りです。そのため、リビング・ダイニングには南東から南西の光が入ってきます。なかなか家具の配置にしっくりこなくて悩んでいるとのことでした。

左手エントランスホールからクローズドのキッチン、その隣はダイニングです。(ペンダント照明が下がっているあたりです。この時はダイニングテーブルは移動してくださっていました)
クローズドのキッチンはいろんなものが隠せるのがよいところですが、ダイニングからのお食事の準備やお片づけをする時に行ったり来たりで移動距離が多くなってしまうのが難点です。

玄関からホールを見たところです。扇型間取りの根元部分になるため、ホールから各室へつながる廊下も角度が振られています。接続するお部屋のドアや収納の扉が一緒にたくさん目に入り、ホールとしてはちょっと落ち着かない印象を受けます。この辺りもデザインの組み替えをしてあげるとよいなと思いました。

一通り現在の状況を確認しつつ、実測調査をしたり、マンションの管理事務所からも既存図を見せてもらって、設備の配管系統を図面と現地で確認していきました。既存情報がしっかり残っておりましたので、かなりの精度で既存情報の整理ができそうです。4週間ほどいただき、次回はデザイン提案をさせていただくことになりました。