松本の家

松本の家

松本平は山に囲まれており、夏は昼間の気温は高いものの、朝晩は涼しく通風により夏期には冷房をなるべく使わなくてもよくなります。地域の気候や積雪に対し、固く閉じる建築ではなく、周辺環境を積極的に受け入れる開放的で広がりのある空間を目指しました。諸室をそれぞれ棟として分散させ、用途に適した光が入る場所に配置し、お互い独立性を高めるために少しずつずらしながら庭を包み込んで配置しています。ずれながらも連続した棟ごとには、様々な勾配の屋根が寄り添っています。外部においては屋根の勾配が積雪を受け流すという機能的な役割を果たし、内部空間では勾配天井として、開口部から入る光の陰影に広がりを与えます。積雪量を大屋根で負担するよりも、屋根面積を分散することで積雪荷重を軽減するというメリットもあります。床レベルも天井高も天井の勾配も違う諸室は、それぞれが立体的に目の前に浮かび上がり、移動する度にリズミカルな展開をつなげていきます。

所在地 :長野県松本市
用途  :住宅
竣工  :2009年8月
構造規模:木造・地上2階
敷地面積:280.09㎡
建築面積:120.09㎡
延床面積:147.84㎡
撮影  :鳥村鋼一
掲載誌 :最高の建築家20人 エコ住宅傑作選(エクスナレッジ)

*オンデザインと共同設計